2009年11月29日

きらめく炎 かがやく火 とぶ火花

#高橋大輔選手の "La Strada 道" で、一年ぶりに映画を観たくなった先日からのつづき…
 のようなもの。 ごく個人的な覚え書きとして。 2009.11.12 - ジェルソミーナの種


「きらめく炎 かがやく火 とぶ火花 夜!」

へし折った木の枝でぶたれながら芸を仕込まれ、
ザンパノの暴力にすっかり怯えきったジェルソミーナが、
大きく燃え上がる焚き火の前で、おどろおどろしく唱える呪文のような言葉。
そして、こうつぶやく。

「あさっては雨よ ええ 雨だわ」

天の気配を知覚するかのごとく。
波にまとわりつくように迎えられ、空に見守られ、砂浜に泣き咽ぶその瞬間まで、
ザンパノには、その意味がまるでわからない。

         −−−−−−−−−−−−−−−

心境的なものか、今は、生きていくことへの温かさが純粋に感じられるものや、
野生の知覚を揺さぶられるようなものに、身体が強く反応を示している気がする。

野生の知覚を… というのは、つまり、大地に生まれ、生き、還っていく生命、
人間も動物も皆、すべての命は地球を構成する自然環境の一部である、というような。
自分のなかに在るこの感覚が拡大されていくのを感じたのは、
先月、イヌコが亡くなった日の晩だった。
トルコキキョウの花びらの裏側を走る細く繊細な血管に。
蝶の羽に刻まれたテキスタイルのような模様の緻密さレベルに。
つづきを読む>
posted by Riccazow at 03:08 | TrackBack(0) | 聖書を知る試み

2009年11月21日

ジャヴァン経由で

#午前中はスケカナ男子SPのライブ放送を観てました。
 ついにオリンピックシーズンなのだなあと。 いろいろ緊張したのでちょっと休憩。
 そして、道はつながってるかんじがするのだ。


Djavan - Samurai


ああ、わたしのうちはここにちゃんとある と、
しばらくぶりに聴いた Djavan (ジャヴァン) の "Samurai" に確信してしまう。
そこに意味を見出す必要はないと思ってる。
細胞が踊るように楽しがっているならただそれだけで、
空気の呼吸を聴いているだけで、涙が出るくらいうれしければ。
間違いなく、いまのわたしをつくった原料、ブラジルの浮遊するリズム、おおもとがある。

2007.05.23 - Djavan "Luz"


つづきを読む> 【追記 11/24 22:30 コメントありがとうございます】
posted by Riccazow at 17:18 | TrackBack(0) | 好きな音楽

2009年11月19日

天気読み

昨日のお昼前、体内の毒素がみるみる蒸発していくように、
いやに気分がすーっと軽くなっていくと思ったら、途端に日が差し込んできた。
うわー、窓の外が、いい天気すぎる。
小学生の頃、夏休みの頃によく見た空の記憶、快晴の模範生的な。

夜は夜で、雨あがりの翌日特有の空、いつになく夜気が澄んでいる。
ためし書きのような雲がさらさらと、星ぼしが点々と。
葉の落ちた街路樹たちを見上げ見上げ歩いていると、
夜の深い紺のなかを、枝が葉脈のように、システマティックに張り巡らされてる感じがした。

 この世の中にあるものは 何かの役に立つんだ
 こんな小石でも 何か役に立ってる

 (ジェルソミーナ: 「どんな?」)

 それは… おれなんかに聞いてもわからんよ
 神様はご存知だ
 お前が生まれるときも死ぬときも 人間にはわからん

 おれには小石が何の役に立つかわからん
 だけど 何かの役に立つ
 これが無益ならすべて無益だ

 空の星だって 同じだと おれは思う


 映画 『La Strada 道』 より  ―― 綱渡りの男がジェルソミーナに語る言葉

夜気のなかを歩いていると、つい、空ばかりを見上げてしまうけれど、
足もとに転がる石ころも星のかけらで、彼らは彼らで地に息づく星ぼしで、
すべては人間にはとうていわからない大きなエネルギーのなかに生きているのだなーと
ときどき、ただそれだけで泣けてくる。

つづきを読む>
posted by Riccazow at 18:15 | TrackBack(0) | ひとりごちる

2009年11月16日

天使のラッパ

20091115.jpg

神の遣い (天使) であるジェルソミーナが映画のなかでラッパを吹いていた翌朝、
季節外れの花が咲きそうだからと、今日は雨が降るかも知れないからと、
肌寒い朝の庭先から、唐突にリビングの窓際へと母が運んできたのは、背の高い鉢植え。
花の名前を尋ねると、何だったかしらと、しばらく思い出すようにしながら、
少しの間をおいてかえってきた答えは "エンゼルトランペット"
うは… 天使のラッパ。 そうきたか。

エンジェル (RENT) に、天使の協奏曲 (A. Piazzolla) に、
あのときのアゲハ蝶に、ジェルソミーナに、エンゼルトランペットに、
気がつけばこの一ヶ月、うちには大勢の天使がいる。

その日、花が咲き開く瞬間を見逃すまいと、
朝からテーブル越しに様子を覗っていた母が席を離れたほんの一分程度の隙を見て、
夕方、ばあと開いたのは、白いラッパの花。
まるでこちらをからかうかのように、絶妙すぎるタイミングで。
ぷぷぷ… これはもうイヌコに間違いない(笑)
母は嬉しそうだし、わたしは楽しいし、そういうことにしておきましょうか。

10月15日、そういえばイヌコは父の誕生日に亡くなったんだったなあ。
母とわたしの二人でイヌコの面倒をみました、というようなことを書いたけれど、
そもそも父がいなければ、あの子をうちに迎え入れることはできなかったのだ。
イヌコが亡くなって一ヶ月、なんとも、すべてが不思議なような。


無言で意思表示したい方、ひとこと言っておきたい方、クレームをつけたい方も。こちらで受け付けております。
 ウェブハクシュ
posted by Riccazow at 21:14 | TrackBack(0) | イヌノリカ

2009年11月12日

ジェルソミーナの種

#高橋大輔選手の "La Strada 道" で、一年以上ぶりに映画を観たくなった昨夜からのつづき。
 花を摘み、木の枝になり、幹の鼓動に耳を澄ませ、トマトの種を植える。
 白痴という設定のなかにも、わたしがジェルソミーナから強く感じたのは、野生の知性。
 昨夜から中途半端にぐるぐるしていた謎が解けた気がするのでメモっとく。



「トマトの種を植えたの」 ジェルソミーナが嬉しそうに。
種はいずれ芽を出し葉を茂らせ、実ったトマトたちは真っ赤に色をつける。
つまり、一緒に生きていきましょう というメタファーであり、メッセージ。
ほんの些細なワンシーンのなかに、ジェルソミーナからザンパノへの、
極上の愛情表現が描かれている。

古いモノクロフィルムなので、細かな表情が読み取りきれないのだけど、
「いったい何を考えているんだ」 と、大きな声でぶっきらぼうに怒鳴りながらも、
オート三輪を運転するザンパノの表情が一瞬、ふっと緩むんだよね。
そして、ジェルソミーナに果物 (りんご?) をあげるの。
ああ、二人はここでちゃんと成立してるんだな。 と思った。

しかしなにかこう… ものすごく大切なこと、見逃しちゃいけないことが描かれている
気がしてならないのだけど、何か足りないような、たぶんどこかが違う。
まさに昨夜のタイトル 「トマト」 の意味不明さがそれだ(笑)

つづきを読む> 【追記 11/13 13:20 コメントありがとうございます】
posted by Riccazow at 01:43 | TrackBack(0) | 聖書を知る試み

2009年11月10日

トマト

ト、トマト。 タイトルが思いつかない…。

古代日本における白い犬は神の遣いだったらしいよと、母と二人でぷぷぷぷと笑い合う。
笑いのネタにしてごめんよイヌコ。
笑うたびに細胞は揺れるし、細胞と細胞の間をあったかい風が走ってくかんじがする。
笑うってことは、生きることへの感謝に似ているのだなあと気づかされる。
君の話になると笑いが絶えない。 それだけでもう、じゅうぶんに神だ。

 たくさんの笑いで心を揺さぶることができたら、悲しみは一滴で十分。
 ―― 『ガス人間第1号』 舞台パンフより  脚本・演出: 後藤ひろひと氏の言葉

そう、思い出した。 ガス人間。 すっかり書きそびれてしまったけれど、いい舞台だった。
観たのは先月、イヌコが亡くなる五日前。 後藤ひろひと大王の言葉に惚れてまうのよ。

そして青とか黄とか風とか旅とか、はっと静かに、心はめまぐるしく動く。
それはそこかしこにこっそりと、けれども、くっきりと、ある。

映画 『道』 のDVDを一年以上ぶりに観る。 時間がなかったので前半45分だけ。
トマトの種を植えるジェルソミーナ、赤く熟す、人間の動物的本能、生きる営み。


#BS-HiにてNHK杯三昧な週末! 書きたいことはいろいろあるのだけどまた次に。


無言で意思表示したい方、ひとこと言っておきたい方、クレームをつけたい方も。こちらで受け付けております。
 ウェブハクシュ
posted by Riccazow at 23:51 | TrackBack(0) | イヌノリカ

2009年11月07日

へんてこな魔法

kanojo ni tsuite

田口ランディさんの 『パピヨン』 から、
ふいに、よしもとばななさんの 『彼女について』 へとたどり着き、
なぜだか中学生以来にばななさんを手にしているという自分を妙に懐かしがりながら――

ぶわっと涙があふれ、つぎの瞬間には、わーわーと泣いていた。
こんなに泣いたのは一体いつ以来だろう。
ほんとうに イヌコの蝶 に導かれているのかも知れないなあと錯覚してしまうくらいに、
すごい読書体験だった。

 この世は蝶が見ている夢。
 そういえば古代中国に、そんな逸話があったことを思い出す。
 ふふ… なんかおかしい。

 たとえば蝶の羽ばたきのような - 2009.10.31

だって、本のなかには、『パピヨン』 の読後に想像した世界のつづきがあったのだ。
ばななさんの物語を介して、イヌコからわたしに、きらきらと、宝物のような声。
目に見えるものがすべてではないし、見えるものがそれそのものとは限らないと思ってる。
この間からずうっと、なんだかイヌコのへんてこな魔法のなかにいるみたいな気がするよ。

 私たちはもしかすると彼等・彼女達が「死に瀕する時」にこそ、
 最もすばらしい「経験」をいただくような気がするのです。
 その「経験」は、死に触れることの悲しみや苦しみを超えて、
 心に大きな豊かさを与えてくれます。
 もしかしたら、それこそがロス女史の言う「愛」に近いものなのかもしれないな、
 と思っています。 (2009.10.31 rさんからいただいたコメントより一部抜粋させていただきます)

ぜんぜんまだまだ、ほんとうは何もわかっていないのかも知れないけれど、
だけどやっぱり、この意味が少し、わかるような気がするのだ。
どんな種類の感情よりも強く美しいと確信できる豊かさ大きさあたたかさに、
イヌコが亡くなってしまったというのに、まさかこんな感情がもたらされるだなんて、
一ヶ月前の今日には、まるで想像できなかったもの。

無言で意思表示したい方、ひとこと言っておきたい方、クレームをつけたい方も。こちらで受け付けております。
 ウェブハクシュ

>追記 11/8 15:50 コメントありがとうございます
posted by Riccazow at 11:53 | TrackBack(0) | イヌノリカ

2009年11月06日

濃い青と、黄色の。

気づいたら始まってた、始まってたを週末ごとに繰り返している。
無駄に時差がないのもそれはそれでリズムが狂うのだわ。
と勝手なことを思いながら、中国杯のことを書くつもりでいたのだけど、
その間にも、つぎからつぎから、小さな瞬間が心のなかで、ぶわんとふくらむ日々。
活字にしたら途端に消えてしまいそうなくらいに小さな、泡のような。

中国杯のライブストリーミングでは、村主章枝さんのLPにじわっと泣き、
翌日、ストリーミング再放送で観た彼女のSPに、またも涙が流れた。
深いところに共鳴するこれが何なのか、自分でもよくわからないのだけど、
今季の村主さんはきっと、今の彼女自身がほんとうにやりたいことを
やろうとしているんじゃないかなという気がした。
氷の上に同調できる瞬間が、やってきてほしいなと思う。
(中国では、ここにいるのに、ものすごくここにいない気がしたから)
SPの衣装 が本能的に好き。 濃い青と、黄色の。

つづきを読む>
posted by Riccazow at 00:27 | TrackBack(0) | ひとりごちる

2009年11月03日

Over the Moon



灯りを消したお風呂で 『RENT』 を観ようとポータブルDVDを持ち込んだら
30秒もしないうちに充電が切れた。
すると何やらくもりガラスの外が異様に明るい気配で、ほんの少し窓をあけてみると、
そうでした、今夜は満月だったのでした。
東の空に、煌々と。
昨夜の雨で、大気の塵も、雲も、みんな洗い流されて、
きーんと研ぎ澄まされた夜の空がきれい。

いつ埋めるとも決めないまま、まだ家の中にいるイヌコの骨も、
せっかくなら満月の日に埋めてあげればよかったかなあと思いながら、(*1)
満月浴の話を思い出したので、わたしの好きなスプーンの形に似た骨を選んで、(*2)
湯上りの少しの間、ベランダで満月にあててあげました。
つづきを読む>
タグ:RENT
posted by Riccazow at 23:58 | TrackBack(0) | イヌノリカ

2009年11月02日

Fire dance



あああ、今季SPは新編曲で Fire dance 復活なのかーー。
うれしいよう! おめでとーーー!!


ISU Result - Cup of China

無言で意思表示したい方、ひとこと言っておきたい方、クレームをつけたい方も。こちらで受け付けております。
 ウェブハクシュ
posted by Riccazow at 02:13 | TrackBack(0) | フィギュアスケート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。