2010年08月09日

Share love, give love, spread love

Seasons of love - RENT filmed live on broadway


Seasons of love - RENT the movie


 525,600 minutes, 525,600 moments so dear.
 525,600 minutes - how do you measure,measure a year?

 525,600分、525,600 の愛すべき瞬間、525,600分。
 あなたはどんなふうに計る? 一年をどんなふうに?

つづきを読む>
タグ:RENT
posted by Riccazow at 23:35 | TrackBack(0) | 舞台つれづれ

2010年05月14日

影とか地下水路とかオペラ座とか

小説には、あの世界のお話しが書かれているんじゃないかしらという気がしながら、
恒例となった高橋源一郎氏のつぶやきを拝見して、どきりとする。

 『「悪」と戦う』 はこんなお話です…… (中略)

 気がついた時、世界からすべての人影が消えています。
 なぜなら、「悪」がやって来て、世界を空っぽにしてしまったから。
 「世界」を取り戻すために、子どもたちは出発します。

 http://twitter.com/takagengen/status/13857022638

ごく個人的にここ二日分は、やや見せすぎ映画予告レベル(笑) かも知れぬ。
お願いだからこれ以上は語ってくださるな ということで、
最終日のつぶやきは読まないでおこうっと。

 影の意味の重大さについて、影を失くした男の経験ほど、
 われわれに強く訴えかけてくるものはないであろう。

 講談社学術文庫 『影の現象学』 著: 河合隼雄 (p11)

『影の現象学』 1章のいちばんはじめに紹介されていた
シャミッソーの 『ペーター・シュレミールの不思議な物語』
アンデルセン童話の 『影法師』 ―― "影を失くした男" の話を思い出した。

つづきを読む>
posted by Riccazow at 00:33 | TrackBack(0) | 舞台つれづれ

2009年12月01日

Origin Of Love

今夜は薄雲から覗く月のまわりに虹の環がきれい。
早い… 早いなあ。 もう12月なんですって。
いまだに8月の 『RENT』 がつい先日のことのように思えるくらいに。
数えるほどしか人がいなくなった劇場の空間に漂っていた千秋楽の不思議な余韻は、
あれは今思えば、エンジェルのほほえみの余韻に、よく似ていたなあと思う。

ぼんやりと9月、ゴーギャンの 「D'ou venons-nous? 〜」 に耽け、
10月3日のジェフ・バトルさんが素敵で。 あっという間に、秋から冬。

あさって… というか明日は、『RENT』 つながりで 『Hedwig and the Angry Inch』
初ヘドウィグ、実は昨日まで英語のまま歌われることを知らずにいたという。
今からだと 公式の和訳 に目を通すくらいしかできないかなあ。
仕事帰りのがやがやしきった脳と身体が、うまく入り込んでくれるかどうか、だ。
"Origin Of Love" の歌詞が普遍的で深い。
むかし神々がしたっていう悪事を、人間は平気でやっているよね。

Hedwig And The Angry Inch - Origin Of Love


人には3つ性があった
男と男が背中あわせ その名は "太陽の子"
それと似た形の "地球の子" は 女と女が背中あわせ
そして "月の子" はフォーク・スプーン 太陽と地球 娘と息子の中間……



無言で意思表示したい方、ひとこと言っておきたい方、クレームをつけたい方も。こちらで受け付けております。
 ウェブハクシュ
posted by Riccazow at 01:17 | TrackBack(0) | 舞台つれづれ

2009年08月19日

Sunday Blue, Green, Purple, Yellow, Red,

Jonathan Larson Tribute Concert のあとに少し聴いた以来だから8ヶ月ぶり、
昨夜、久々に 『Tick, Tick...Boom!』 を聴いていたら、
ふいに真っ白なキャンバスを前に、ジョルジュ・スーラが歌い始めそうになる。
Order, Design, Tension, Balance, Right……

ううん、そんなはずはないのだけど。 だってわたしが聴いているのは
スティーブン・ソンドハイムの 『SUNDAY in the PARK with GEORGE』 じゃなくて
ジョナサン・ラーソンの 『Tick, Tick...Boom!』
つづきを読む>
タグ:RENT
posted by Riccazow at 11:56 | TrackBack(0) | 舞台つれづれ

2009年08月18日

そして "Seasons Of Love" の意味を理解した。

rent


 派手に飾らず――
 黒と白だけ
 ありのままの姿よ

 "9月7日"
 "最終公演"


2008年9月、RENT最終公演のネダーランダー劇場に向かう車中、
最終公演の看板を見つけたレネー (ミミ役) の短い言葉が、とても美しかった。

RENT Filmed LIVE on Broadway を買ってしまった。
あと一枚チケットがある RENT @赤坂ACT 観劇後でいいと思っていたのだけど、
この特典映像を先に見ることができてほんとうによかった。(*1)
つづきを読む>
タグ:RENT
posted by Riccazow at 01:42 | TrackBack(0) | 舞台つれづれ

2009年05月13日

枯葉 @シラノ

leaf5.jpgleaf9.jpgleaf3.jpgleaf7.jpgleaf15.jpg
leaf8.jpgleaf4.jpgleaf6.jpgleaf10.jpgleaf2.jpg


生まれて最初で最後の旅
木に生を受けた葉たちが 母体を離れて土に帰る
枝から地へ、ほんの短い美しい旅を 風に舞っているのだという

無常に散り頻る枯葉に向けたシラノの粋な最期の眼差しに
もう一度観たら ひょっとしたらわかりあえるのではないか (*)
という意外な思いの存在に気づいた21ヶ月後の冬の日の今日。
(2011.02.19 10:50)

*ひとつ前のエントリーに、ネガティブな感想を残しておりますがゆえ。
 


無言で意思表示したい方、ひとこと言っておきたい方、クレームをつけたい方も。こちらで受け付けております。
 ウェブハクシュ
posted by Riccazow at 01:18 | TrackBack(0) | 舞台つれづれ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。