2010年05月02日

映画 『アリス・イン・ワンダーランド』

caterpillar AliceinWonderland

職場のひとに誘われて、初の3D映画体験。
アリス本編前の予告にぞろぞろ出てきた小人星人みたいな方々に、
近未来眼鏡をかけたあたくし、あやうく手を振りそうに(笑)

まあ、なんだその… ディズニーランドのアトラクションだと思えばいいのかな。
おそらく最初で最後の近未来眼鏡、ということで。

アリスのお話って、実はこの映画を観るまでよく知らなかったのだけど、
青い芋虫がもくもくとくゆらす煙のなかの夢…
まさに、荘子さんの 『胡蝶の夢』 の世界そのものなのね。 (*1)

 荘周が夢を見て蝶になり、蝶として大いに楽しんだ所、夢が覚める。
 果たして荘周が夢を見て蝶になったのか、
 あるいは蝶が夢を見て荘周になっているのか。


芋虫に出会い、ウサギの穴に落ちる、ドアの鍵、小さくなる薬、大きくなるケーキ…
瞬間瞬間の連続性に導かれるように、
ぶわんと大きくなったり、小さくなったりを繰り返しながら、
いくつもの問いに対峙していく。
つづきを読む (ネタバレあり)>
posted by Riccazow at 17:08 | TrackBack(0) | 映画を観る

2010年04月29日

映画 『第9地区』

district9

こういう ばあーん! としたかんじのアメリカ映画って滅多に観ないのだけど、
『ラブリーボーン』 で内的な近しさを感じてから
何となく気になっていたピーター・ジャクソン氏が関わっている作品だということで。
観に行ったのは、たしか先々週だったと思う。

ああ、さすがだなあと思ってしまった。
間口を広く大らかにとった上で描かれているから、
観客それぞれの深度でちゃんと楽しめるようになっている。
だけど、この映画が見つめているのは、ただ、いちばん深いところ。
生命の根源にある一点の光を、しっかりと見つめている。
つづきを読む>
posted by Riccazow at 16:57 | TrackBack(0) | 映画を観る

2009年05月22日

映画 『グラン・トリノ』

grantorino
グラン・トリノ (Gran Torino)
監督・主演: クリント・イーストウッド

オフィシャルサイト

そのひとがそのひとであることをただ楽しめばいい。
ジェイミー・カラムを聴いていると、いつもそんな力がわいてくる。
数ヶ月ぶりにジェイミー・カラムと通勤電車の振動にゆられながら
5月20日の朝、わたしはいつになくごきげんだった。
そこへ偶然目にとびこんできた "主題歌: ジェイミー・カラム"
ほう、どうやら今日はジェイミーの日ってことらしい。
仕事帰り、ぴゅいーっとレイトショーへ走る。 『グラン・トリノ』 を観てきた。

作品と監督を愛している方は、ここでさようなら。 がいいかも知れないです。

つづきを読む>
posted by Riccazow at 01:25 | TrackBack(0) | 映画を観る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。